募集代理店 総合保険サービス(株)
日曜・祝日を除く月~金 10:00~18:00
土曜日 10:00~17:00
0120-505-012

医療保険 新CURE[キュア]

  日額5,000円
コース
日額10,000円
コース
保障内容詳細


病気・ケガ入院




疾病入院給付金
災害入院給付金

1日につき

5,000円

1日につき

10,000円

病気・ケガで入院したときにお支払いします。
七大生活習慣病で入院したときは、1入院120日まで保障します。
さらに三大疾病(がん・心疾患・脳血管疾患)で入院したときは、日数無制限でお支払いします。
約款所定の七大生活習慣病以外の場合:
  1入院60日、通算1,000日まで保障
 
この商品における約款所定の七大生活習慣病とは、①がん(悪性新生物・上皮内新生物) ②心疾患 ③脳血管疾患 ④糖尿病 ⑤高血圧性疾患 ⑥肝硬変 ⑦慢性腎不全をさします。

 

手術


手術給付金

1回につき

入院中10万円
外来2.5万円

1回につき

入院中20万円
外来5万円

約款所定の手術を受けたときにお支払いします。
入院中の場合: 1回につき主契約の入院給付金日額の20倍
外来の場合 : 1回につき主契約の入院給付金日額の5倍

先進医療特約
(2018)

 

先進医療



先進医療給付金
先進医療一時金

先進医療給付金
先進医療にかかる技術料と同額
先進医療による療養を受けたときにお支払いします。
支払限度: 通算2,000万円限度
 
先進医療一時金
先進医療給付金の10%相当額
先進医療給付金が支払われる療養を受けられたときにお支払いします。
支払限度: 1回の療養につき50万円限度
付加できる特約
がん一時金特約

がん診断/入院



がん一時金

1回につき

50万円

1回につき

100万円

初回は初めてがんと診断確定されたとき、2回目以降はがんの治療を目的として入院を開始したときにがん一時金をお支払いします。
支払い回数は無制限ですが、1年に1回の給付を限度とします。

がん通院特約

がん通院




がん通院給付金

1日につき

5,000円

1日につき

10,000円

がんの治療を目的として約款所定の通院をしたときにがん通院給付金をお支払いします。
 
つぎのいずれかに該当したときにお支払いします。
がんで入院し、その退院後1年(通院治療期間)以内にがんの治療を目的として通院したとき。
  通院治療期間あたり60日を限度とします。
約款所定の手術、放射線照射、温熱療法、抗がん剤治療(腫瘍用薬のみとし、経口投与を除く)のために通院したとき。
  支払日数に制限はありません。
  対象となる腫瘍用薬は、被保険者が通院をした時点において、日本標準商品分類における腫瘍用薬に分類される医薬品のみとなります。

重度三疾病一時金特約

がん診断/入院
急性心筋梗塞・
脳卒中で入院




がん一時金
急性心筋梗塞一時金
脳卒中一時金

各一時金
1回につき

50万円

各一時金
1回につき

100万円

初回は初めてがんと診断確定されたとき、2回目以降はがんの治療を目的として入院を開始したときにがん一時金をお支払いします。
急性心筋梗塞の治療を目的として入院を開始したときに急性心筋梗塞一時金をお支払いします。
脳卒中の治療を目的として入院を開始したときに脳卒中一時金をお支払いします。
 
支払い回数は無制限ですが、それぞれの一時金ごとに1年に1回を限度とします。

通院治療支援特約
(退院時一時金給付型)


通院



通院治療支援一時金

1回につき

3万円

病気・ケガによる入院給付金が支払われる入院後、生存して退院したときに通院治療支援一時金をお支払いします。
 
退院日の翌日から180日以内に入院した場合は、入院の原因を問わず1回の入院とみなし、お支払いを1回とします。
ネットでお申込みはこちら資料請求はこちら

 
給付金等のお支払いは、いずれも責任開始時以後に生じた病気、または不慮の事故に限ります。ただし、がんにかかわる給付金等はがん責任開始日以後にがんと診断確定されたものに限ります。
1日の入院に対して「疾病入院給付金」と「災害入院給付金」は重複してお支払いしません。

 
主契約の入院給付金について、2回以上の入院をした場合でも、「それぞれの入院の原因が同一のとき」もしくは「それぞれの入院の原因に医学上重要な関係がある」場合は1回の入院とみなすことがあります(併発している原因を含みます)。

 
被保険者の精神障害の状態または泥酔の状態を原因とする事故の場合や頸部症候群(いわゆる「むちうち症」)または腰痛でいずれも他覚所見のないもの
(原因の如何を問いません。)で入院した場合などは保障の対象にはなりません。
この保険に死亡保障はありません。
この保険に配当金、満期保険金はありません。また、契約者貸付、保険料の自動振替貸付はお取扱いしておりません。
「がん一時金特約」、「がん通院特約」、「重度三疾病一時金特約」のがんとは、悪性新生物・上皮内新生物をいい、がんにかかわる保障は責任開始日からその日を含めて91日目(がん責任開始日)より開始します。
「がん通院特約」は「がん一時金特約」または「重度三疾病一時金特約」を付加した場合にのみ、付加できます。
<先進医療特約(2018)について>
医療行為、医療機関および適応症などによっては、給付対象とならないことがあります。
同一の被保険者において、先進医療給付のあるオリックス生命の特約について重複して加入はできません。

 
先進医療による療養とは健康保険法等に定める公的医療保険制度にもとづく評価療養のうち、厚生労働大臣が定める先進医療による療養をいいます。ただし、先進医療ごとに厚生労働大臣が定める施設基準に適合する病院または診療所にて行われるものに限ります。

先進医療はその医療技術ごとに適応症(対象となる病気・症状等)があらかじめ決められています。医療行為、医療機関 および適応症などによっては、先進医療給付金、先進医療一時金のお支払いの対象とならないことがあります。



先進医療特約(2018)の保険期間中に、新たに厚生労働大臣の承認を得て先進医療の対象となった医療技術は、先進医療給付金、先進医療一時金のお支払いの対象となります。一方、ご契約時に先進医療の対象であった医療技術であっても、療養を受けた日現在において、公的医療保険制度の給付対象となっている場合や、承認取消等の事由によって先進医療ではなくなっている場合は、先進医療給付金、先進医療一時金のお支払いの対象とはなりません。
先進医療一時金については、同一の先進医療において複数回にわたって一連の療養を受けた場合は、それらの一連の療養を1回の療養とみなします。
先進医療特約(2018)は、ご契約後、保険期間の途中で付加することはできません。

お電話で資料請求ならこんなことできます